道東周遊記 ⑨ 1月24日(日)

斜里からウトロまでさらに30km!!
「オシンコシンの滝」から少し行くとウトロの街です。
街に入ってすぐ目的地の「波飛沫」に到着しました。
c0227640_18184681.jpg

時計を見ると10時ちょっと前。根室から3時間弱のドライブでした。

「波飛沫」は若い夫婦でがんばっています。
旦那は日本料理、奥さんは四川料理の修業経験を生かしたメニューが評判のお店。
研究熱心、勉強熱心なお二人です。

前回お邪魔したのは14ヶ月前。
今回、生まれて11ヶ月の佳斗(ケイト)君と初めて対面しました。
http://blog.livedoor.jp/namishibuki_jp/archives/51595494.html

佳斗(ケイト)君とトットノメで盛り上がってバイバイしました。

「波飛沫」では定番メニューの他に新しいメニューもぞくぞく登場しています。
http://blog.livedoor.jp/namishibuki_jp/archives/51601521.html
ザンギ男様垂涎?の鳥なんこつ唐揚げも大人気です。
出張の途中に寄ってみてはいかがでしょうか。

佳斗(ケイト)君は1歳の誕生日をむかえたのかな?

つづく
[PR]

# by quxing-si | 2010-02-08 18:49 | 道東周遊記 | Comments(1)

☆中国料理を盛り上げる!ぞ~☆

雪祭り初日、激寒の夜。
高校の同期の飲み会に参加しました。
こんな時ぐらい仕事のことを忘れて飲もうと思ったのですが
c0227640_8331287.jpg
気づいたらシンナンネットや中国料理のことを
一生懸命ピーアールしていました。
c0227640_1821251.jpg

[PR]

# by quxing-si | 2010-02-06 08:43 | ツブ焼き | Comments(3)

道東周遊記 ⑧ 1月24日(日)

根室の夜明けです。朝6時50分くらいだったと思います。
写真右に浮遊しているのはX星から遊びに来た円盤です。
c0227640_22594522.jpg

朝食をいただき、8時に宿を出発。根室に別れを告げしました。
納沙布岬や野付半島に寄りたかったのですが、
時間の関係で次回の楽しみに廻しました。

標津に入り根室海峡に別れを告げ根北峠を通りオホーツク海方面へ。
根北峠もなかなかの難所でした。
やっとの思いで下り終え今度は知床半島ウトロへ向いました。

つづく。
[PR]

# by quxing-si | 2010-02-04 23:27 | 道東周遊記 | Comments(0)

道東周遊記 ⑦ 1月23日(土)

「根室さんまロール寿司」を求めて根室駅にほど近い宿(地図下)から梅ケ枝町(地図上)へ歩いて向いました。

車道は乾いているのですが歩道はどの通りもスケートリンク状態。
おまけに駅方面から海方面は下り坂で約1kmの道のりはきびしいものがありました。
苦労のすえ、お目当てのお店に到着しました。
c0227640_19234762.jpg

父子2世代が板場で根室の新鮮な魚貝を提供してくれます。
2代目は10年ほど前通っていた札幌の調理師学校のはなしをしてくれました。。
中華の授業ではあの石浦さんが先生だったそうで、
「とても厳しかったけど大変熱心な先生で今でも感謝してます。」と2代目は言っていました。
c0227640_2122308.jpg

根室のおすし屋さんで石浦さんのはなしが聞けるとは思ってもみませんでした。
昨年の大通り公園で行われたオータムフェストに参加した話などなど
http://sapporo.100miles.jp/autumnfest/monthly/200909
すっかり2代目と仲良くなってしまいました。
今年の秋も参加する予定だそうで、そのときの再会を約束して店を後にしました。

つづく。

根室名物のご紹介⑥
c0227640_19385462.jpg

「根室さんまロール寿司」です。
北海道は日本一の昆布生産地にもかかわらず「食べる昆布」の習慣があまりなく消費も少ないといった現状を打破するため、つまり昆布の「地産地消」が目的で開発されたそうです。
根室産「棹前昆布」で巻く、シャリは「ななつぼし」、根室産さんま、道産の大葉とネギ、「はぼまい昆布醤油」など
「10のルール」があり根室市内のおすし屋さんで食べることができます。
[PR]

# by quxing-si | 2010-02-02 19:40 | 道東周遊記 | Comments(0)

道東周遊記 ⑥ 1月23日(土)

根室に訪れた一番の目的は20年来お世話になっているMさんのお母様の御通夜に出席することでした。
札幌のMさんのたくさんの知り合いを代表してMさん、Mさんのお父様、ご親族の方々に心よりお悔やみを申しあげました。
[PR]

# by quxing-si | 2010-02-02 18:31 | 道東周遊記 | Comments(0)