<   2011年 10月 ( 31 )   > この月の画像一覧

I'll be back

まこまない飯店(南区真駒内本町6丁目1-7小室会館次郎長ビル)
ブログ⇒http://yaplog.jp/mako-han/
料理長のつぶやき(フェイスブックにて)に刺激され
c0227640_7471536.jpg

日曜日ビートルズを聴きまくった。

「A HARD DAY’S NIGHT」の最後の曲は
「I'll Be Back」
c0227640_7502536.jpg

ターミネーターが警察署の裏口みたいなところで発したセリフだ!!

シュワちゃんもビートルズファンなのかしらん?と思いつつシャウト!!しました。
[PR]

by quxing-si | 2011-10-31 07:54 | ツブ焼き | Comments(0)

このデミグラスソース

札幌新道添い東苗穂のレストラン ユッぴー
c0227640_6581626.jpg

いつも繁盛の洋食レストランです。
c0227640_6595988.jpg

このヒレカツ!!このデミソース!!惚れ直しました!!
(みそ汁かスープを選べるのもウレシイ!!)
c0227640_71539.jpg

[PR]

by quxing-si | 2011-10-30 07:03 | うまいもん | Comments(0)

今日からCS

ドラフト会議、菅野指名。日本ハムあっぱれ!!
クライマックスシリーズ。ファイターズがんばれ!!
c0227640_7514574.jpg

[PR]

by quxing-si | 2011-10-29 07:53 | ツブ焼き | Comments(0)

この笑顔

レ・ディシプル・オーギュスト・エスコフィエ称号授与
札幌グランドホテル 小泉哲也 総料理長
c0227640_8192953.jpg

「すべてはお客様の笑顔のために」美味求心・・・渾身の料理をいただきました。

各種天然きのこ、中札内田舎どりのコンフィ、牛蒡の田舎風スープ
(採れたてラクヨウ、アシナガタケ!!)
c0227640_8262987.jpg

知床産黒毛和牛ヒレ肉のベーコン巻きステーキ芥子ソース
旬の野菜とポム・パイヤソン添え
c0227640_8243244.jpg

仁木産ラ・ラフランスと旅路のジュレ ヴェリーヌスタイル
(仁木でラフランスが?!)
特製モンブラン
とうもろこしのアイスクリーム
(グランドホテル伝統コーンスープ味のアイス!!)
c0227640_9273428.jpg

ディシプル・ド・オーギュスト・エスコフィエとは…
フランスの著名な料理人であり現代料理の礎となった
オーギュスト・エスコフィエ氏(1846~1935)の精神を引き継ぎ
日本におけるフランス料理の隆盛に尽力することを目的として設立されたのが
「日本エスコフィエ協会」。
「ディシプル(弟子の意味)」を授与されるには、卓越した技術と経験が求められ
協会理事会による厳しい審査もあり
フランス料理人としてのステータスといわれる。
経験豊かな料理長のみが許されるその協会の正会員を、
「ディシプル・ド・オーギュスト・エスコフィエ」と呼ぶ。

[PR]

by quxing-si | 2011-10-28 09:36 | 身震い | Comments(0)

真剣に真剣に

食に携わる仕事をする者にとって目が離せない事象が
連日新聞やTVで報道されています。

TPP、超円高、タイの洪水・・・。

昨夜の会議でももっぱらこれらの話題で持ちきりでした。

「理解してますか?説明できますか?」
「真剣に新聞を読もう!真剣にニュースを観よう!」
叫んだ自分ももっと勉強しなくては。

家に帰って夕刊の一面をみると
c0227640_5194587.jpg

やっぱりこの話題で持ちきりでした。
[PR]

by quxing-si | 2011-10-27 05:24 | 身震い | Comments(0)

笑顔のツーショット

社団法人 日本中国料理協会札幌支部(鈴木裕一郎支部長)
賛助会員と支部会員交流会がレストラン大公にて開催されました。

同時に
第5回札幌支部青年部中国料理コンクールが行われました。
テーマは「北海道産の豚肉を主材料とした中国料理」
交流会に出席した全員が審査員です。
c0227640_1154089.jpg

栄えある金メダルは札幌ガーデンパレス山家シェフ。
c0227640_1173628.jpg

師匠と笑顔のツーショット!!おめでとうございます!!
c0227640_1185760.jpg

[PR]

by quxing-si | 2011-10-26 11:11 | 爽快 | Comments(0)

ちゃっくりか~き~ふっ!!

小さい頃、母親から「茶栗柿麩」をよく聞かされ大笑いしていた。

日曜日の夜、家族と食事中に突然そのことを思い出した。

内容が曖昧だったので実家の母親に電話した。

10日間の中国旅行から帰ったばかりの母親(86歳)は
電話越しにあの頃と同じように面白おかしく「茶栗柿麩」を聞かせてくれた。

相生市立図書館ホームページより
http://www.aioi-city-lib.com/article/13936505.html
茶と栗と柿と麩とを売りにまわることにした男があった。一日まわったけど
一つも売れなんだと言うて、戻ってきた。

「どがい言うて、まわったんぞ」
と言うと、何も言わずにだまってまわったという。
「それは売れんはずじゃ、持っとる物を、みんな大きな声で言わにゃいけん」
と教えられた。

二日目に、やっぱり売れなんだ言うて戻ってきた。
「どがいな言いようしたんぞ」
と言うと、持っている物を、一ぺんに言わにゃわかるまいと思うて、
「チャックリカーキフッ・チャックリカーキフッ」
と言うてまわったという。
「そがいな言いようでは、なおわからん、茶は茶で別々、栗は栗で別々に言わないけん」
と教えられた。

三日目には朝早くから、大きな声で、
茶ぁは茶ぁで ベーつべつ
くーりはくーりで ベーつべつ
かーきはかーきで ベーつべつ
ふーは ふーで ベーつべつ
と言いながらまわった。


字面では伝わってこない
母親の「茶栗柿麩」が一番だ。
今度またじっくり聞かせてもらおう。娘とともに。
[PR]

by quxing-si | 2011-10-25 04:50 | 身震い | Comments(1)

顧問と部長の会話

楊顧問が出張から帰ってきました。

顧問「博物館限定品だよ」
X星人「わ!かわいい!!」
c0227640_756211.jpg

X星人「どこの博物館ですか?」
顧問「チンタオビール博物館」
c0227640_7575916.jpg

X星人「行きたい行きたい絶対いきたい!!」
[PR]

by quxing-si | 2011-10-24 08:00 | ツブ焼き | Comments(0)

セサミンパワー

今回の出張のテーマは「セサミン&オニオン」

”胡麻のスペシャリスト”「うな重クン」ことK製油のイチジュウさん(写真左)と
”タマネギ命”「血液さらさらクン」こと晋南ヒロミツさん。
お疲れ様でした。
c0227640_7251167.jpg

札幌に戻ってもゴマとタマネギで頭がいっぱい・・・。
そういえば「利休」イケメン店長からのメールを思いだしました。
c0227640_7311839.jpg

ラフィラ8階 担担麺 利休 へGO!!
c0227640_7343252.jpg

ネギ(玉ではなく長ですが)がトッピングされた
セサミンたっぷりの汁なし担担麺!!

メール会員になればお得な情報が店長のメッセージとともに送られてきます。
メール会員になって気さくなイケメン店長に会いに行きましょう!!
http://www.lafiler.com/shop/8_rikyu.html
[PR]

by quxing-si | 2011-10-23 07:45 | うまいもん | Comments(1)

ぼくマヨラー

釧路 中国料理 志仙 にて
マヨラーメンをいただく。
c0227640_7501517.jpg

マヨネーズトッピングのこてこてラーメンを想像していましたが、
意外とあっさり。
マヨラーにもアンチマヨラーにも満足いく逸品です。
木村シェフ自慢のザーサイとも相性抜群です。
[PR]

by quxing-si | 2011-10-22 07:56 | うまいもん | Comments(1)